鍼灸・中医薬留学専科 本場中国で「人に優しい漢方薬」のエキスパートになろう!

3年間日本で勉強し「はり師・きゅう師」国家資格を取得した後、中国有数の中医薬大学の一つ、天津中医薬大学へ1年間留学。
急成長を続け活気溢れる国のエネルギーを感じながら、
整った施設、勉学熱心な学生たちに囲まれた環境で、中国伝統医薬の研究を行います。

鍼灸・中医薬留学専科 3つの特徴

特徴1 大学卒業までに新HSK5級を取得。

中国語授業風景

中国人の講師が発音から丁寧に教え、日本に居る3年間の中国語授業で日常会話レベルの語学力を養い、渡中後も他国の留学生と共に中国語学習を継続し、卒業までに新HSK(漢語水平考試)5級以上取得します。

特徴2 「登録販売者」資格取得で、将来の幅を広げる。

資格取得勉強風景

一般医薬品の95%以上を販売できる「登録販売者」。実務経験を積んで、在学中に得た知識を活かして資格取得すれば、薬剤師でなくとも薬店経営ができるようになるなど、漢方薬の知識を幅広く活用できます。

※登録販売者資格試験を受験するには、1年以上の医薬品販売の実務経験が必要です。


特徴3 滞在先は中国政府直轄都市。留学生寮で満喫ライフ!

留学生寮風景

大学の敷地内あるホテル「天中賓館」の中階層部は留学生の学生寮になっています。講義教室まで徒歩3分と、とっても便利!周辺には大型スーパーや日本でお馴染みのファストフード店、餃子の美味しいレストランもあります。

留学先での授業が今から楽しみ。将来は出来るだけ多くの人を助けたい。

鍼灸と薬学の両方を勉強したくて総合コースに入学しました。中医学は脈を診て身体の状態がわかるので、どうやって治すかを考えるのが面白いです。学校には幅広い年齢層の方々がいて良い刺激になります。鍼灸師国家試験前は皆で協力し合い勉強しました。中国へ留学したら、いろんな場所へ行ってみたいし、経済成長を肌で感じたい。何より中医学の発達したところなので、どんな授業があるのか今から楽しみです。中国語は3年間しっかり勉強したので自信があります。将来は製薬会社に就職するか、更に進学するか、出来るだけ多くの人を助けられる選択肢を考えたいです。

一貫したカリキュラムで、
「東洋医学」のスペシャリストを育てます。

「東洋医学」を世界的に見ると、中国では専門の医師によって、欧米諸国では東洋医学の学校で医師が専門知識を学び、治療が行われています。しかし日本で「東洋医学」を体系として勉強するには、複数の学校に通わなければなりません。東洋医学に関わる仕事を求めるなら、自信を持って患者さんに応えたいのなら、当学のカリキュラムはあなたにとって強い味方になります。

資料請求 学校案内・募集要項・願書 見学予約 お問合せ