こんにちは

前回のカタツムリに引き続き、梅雨におなじみの生きものについてお話します

 

今回は、「ナメクジ」です

 

2

 

※写真はヤマナメクジで、全長は約13cmぐらいでした

 

ナメクジも学術的には、カタツムリと同類の軟体動物に分類されていますが、

カタツムリに比べるとあまり好まれてはいないようで、尚且つ野菜の葉を食べる

有害生物とされています

 

今日は、畑や庭でナメクジと出会った時の退治方法をご紹介します。

 

《塩

昔からナメクジを見つけると、塩をかけたことがあるという方が多いと思います。

塩をかけるとナメクジは萎んで、最後には死んでしまいます

これはナメクジの身体を構成している水分(約90%)が塩によって体外へ出されたからです。

この状態は物理的に水分を取りだしただけなので、水をかけてやると元に戻る可能性があります。

十分な量の塩をかけて、完全に水分を取り出してください。

乾燥させることも効果があります。 

塩に限らず砂糖でも同様の効果があります。

※但し砂糖の場合は、甘いものが好きなアリもやってきますので、ご注意を

 

《ビール

ナメクジ退治には市販のナメクジ駆除剤もありますが、身近な材料では、ビールがあります。

ナメクジも人間と同じく、ビールが好きなようです(憎めませんね・・・)

ビールを入れた容器を土の所に置いておくと、ナメクジが集まってきてビールを飲む姿が、

見られます

このとき容器がお皿のように浅い場合、飲み逃げになります

夕食などで缶ビールを飲んだ時、缶の底に少しだけビールを残し、

その缶を飲み口があまり高くならないように土に埋めておくと、翌朝には缶に残ったビールの中で、

ナメクジが溺れています。これが手ごろな方法かと思います。

 

最近の発泡酒やノンアルコールのビールでも効果があるかどうかは不明です。

・・・どなたか試されてみて下さい。

また生ビールとラガービール、普通のビールとプレミアムビールなど銘柄による違いがあるかどうかも試されると、より興味深い研究結果が得られるかも知れません・・・・し、そうでもないかもしれません。 

 

《ナメクジを食べる!?

外国にはエスカルゴ同様にナメクジを食べる国もあるそうです

しかし、ナメクジには体内に寄生虫がいるので、生では食べないようにしてください

 

もう少しで梅雨明けでしょうか。

この時期だけと思うと、カタツムリもナメクジも風情があるような・・・ないような・・・。

庭を這うナメクジを見つめ、梅雨の情緒を感じながらビールをぐびり。

あまったビールはそのまま庭の・・・。

 

では、今日はこのあたりで失礼いたします。