神戸三宮にある文科省指定の中国大学日本校です。学校生活の様子やイベントレポート、留学している学生さんからの情報を発信していきます!

冬至

76240961_7b3241d219.jpg

今日12月22日は冬至です。
冬至とは、太陽黄経が270度になる瞬間を「冬至」と定義しています。
表現を変えると太陽が黄道の270度を通過する瞬間です。そしてこの冬至を含む日を「冬至日」と呼んでいます。
実際の冬至の時間は、世界標準時(グリニッジ時刻)で決まるのですが、日本は時差の関係で、1日ずれる場合があります。今年2014年の場合、世界標準時では12月21日23時03分、日本時間では12月22日8時03分です。そのために12月22日が冬至日になります。
 *黄道とは地動説に基づく天空での太陽の通り道です。

冬至の日は昼の時間が一番短いだけでなく、色々な風習が日本にはあります。

『冬至風呂』
柚子湯に入ることで、身体を温め、寒い冬の風邪の予防やビタミンCの働きで美肌に効果があると言われています。

『食べ物』
コンニャクは「体の砂払い」ともいい、体内の悪いものを掃除すると言われています。主に関東地方で食されているようです。

カボチャ(なんきん)、にんじん、だいこん、れんこん等の「ん」の付く食べものを「運盛り」といい、縁起かつぎとなっており、これらの食材を食べることで、寒い冬を乗り切るための知恵と言われています。
なかでもカボチャ(なんきん)、これを食べると「中風」にならず、長生きすると言われており、全国的に食されているようです。

冬至の次にはクリスマスです。そちらも楽しみですね。わーい(嬉しい顔)
(さらに…)


神戸ルミナリエ2014

神戸では12月のイベントである「神戸ルミナリエ」が、今年も12月4日から学校のある神戸市中央区旧居留地で始まりましたぴかぴか(新しい)

IMG_7549.JPG

「神戸ルミナリエ」は光のイルミネーションを楽しむために、時期的にクリスマスのイベントのように思われますが、実際は次の意味があります。

『神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されました。
以来、神戸ルミナリエは震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催され今年で20回目になりました。

年々予算的に厳しく、毎年開催が危ぶまれていますが、今年も無事に開催されましたわーい(嬉しい顔)
会場内では、来年度の開催のために、一人100円募金が今年も行われています。
皆さんも神戸ルミナリエの見学にお越しの際には、是非100円募金にご協力をお願いします。

ルミナリエは夜間の光のイルミネーションを楽しむものですが、別の楽しみ方もあります。

ルミナリエ期間中の朝の出勤時間に、テスト点灯を行っているのです。
青空をバックに点灯したルミナリエを見ることができるのです。これは電球の球切れの確認にために朝の比較的早い時間、ちょうど通勤時間に行われているのです。
朝のこの時間帯は、会場である通りには人もほとんど歩いておらず、動いている車も少しです。
そのためゆっくりと見ることが出来ます。これも学校が会場に近い場所にあるから可能なことですひらめき

DSC03866.JPG

暗い夜空をバックに見るイルミネーションもすばらしいですが、冬の朝の澄んだ青空をバックに見るのも中々いいものです。是非体験して見てください。
(さらに…)


寒さに負けない身体を作ろう!

気候の変化に対応しにくいこの時期。
これからもっともっと冷えてきます雪雪

今回は、身体を中から温め、寒さ対策に最適な食材をご紹介させていただきます。
今夜の献立を決める前に是非ご参考になさってくださいexclamation


【作用】温胃健脾、補腎強筋、活血止血

胃腸を温め元気にし、腎臓の機能を高め、全身の筋肉を強くする作用があります。
その他、吐血や鼻血、便血を止める効果があります。打撲の時に止痛の効果もあります。
この時期は急に寒くなり、下痢になることがあります。そんな時は栗ごはんなど食べることで体を温め、下痢を止めることができます。
栗と言えば、天津名物「糖焼板栗」。これも体を温めてくれます。
しかし甘いので糖尿病の方は食べ過ぎに注意してくださいひらめき

かぼちゃ
【作用】温補益気、消炎止痛、解毒殺虫

全身を温め、元気にします。消炎止痛、解毒効果もあります。
元気がなく、手足に力が入らない、肋間神経痛、下痢、気管支炎などに効きます。忙しくて疲れた時にはかぼちゃスープなどを食べることで、体を元気にし、手足まで温まります。

かぼちゃは「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」の2種類があります。
「日本かぼちゃ」は形が平たく縦に溝が入ってデコボコしており、味は淡泊で粘りがあり、煮くずれしにくいのが特徴です。
「西洋かぼちゃ」は表面がなめらかで糖質が多く、プリンやケーキなどデザートに使われます。

もっともっと寒くなるこの時期、栗とカボチャを食べて、寒さに負けない身体を作ろうexclamation×2
(さらに…)


デスクトップ版スマートフォン版