神戸三宮にある文科省指定の中国大学日本校です。学校生活の様子やイベントレポート、留学している学生さんからの情報を発信していきます!

天気予想

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です

 

皆様のお住まいの地域の今年の梅雨の感想はいかがですか

 

例年より雨の量が多い、少ない、例年並み、比較的晴れの日が多かった、

 

雨や曇りの日が多かった等、それぞれ一言では表現が難しいものと思います。

 

15070709天気図

 

例えば・・・、

 

「例年より雨の量は多かったが、晴れの日も多かった」という表現ならば、

 

短時間の雨量が多い豪雨タイプ、いわゆる「男性タイプの梅雨」だったと推測されます

 

翌日の天気予報の結果発表についても、自分が住んでいる地域の結果と随分違った内容だったという経験を、お持ちの方も多いと思います

 

その都度、天気予報が「ハズレタ」「あてにならない」と思われてる方も多いのでは??

 

気象庁の弁護ではありませんが、天気予報やその結果については、気象観測をしている地点での観測結果であって、広い地域全体ではないのです。予報や結果が間違っているのではないのです。(個人的見解です)

 

≪兵庫県、神戸市の場合≫

天津中医薬大学 日本校のある神戸市中央区のように、すぐ近くに山と海がある地域と少し西(姫路方面)や東(西宮以東)へ行けば、山が遠くなり、平野部が多くなる地域とでは、当然結果も異なってきます。また神戸市内でも六甲山の北側と南側とでも異なります。天気予報ではもっと広い範囲、兵庫県は北部と兵庫県南部の天気で表現しており、南部は代表として神戸の天気をさしています。

 

もっと狭い範囲、自分の住んでいる地域に限定して予想するにはどうすればよいか

 

■昔からその地域に伝わる方法も一案でしょう■

下駄を蹴る、猫の顔を洗う様子を見る・・・

しかし、これはあまりにも偶然に頼りすぎです。

今は下駄をはいている姿をほとんど見ないので、効果の確認は難しいでしょう

 

■観天望気■

その他の方法として、雲や風の状況を見たり感じたりして予想する。

これは観天望気いって、目で直接観察する方法です。

昔から漁師さん等がおこなっていた方法で、その地元では効果がある方法だと思います。

 

■オリジナルの天気予想■

その観天望気による予想、

気象庁等からの科学的天気予報、

最新の天気図や気象衛星の画像、

これらを用いて、自分オリジナルの天気予想(予報ではなく予想です)を行い、実際の結果と比べてみると面白いでしょう

 

梅雨明け近くには、よく局地的豪雨があります

 

その時の備えとして、試されてみてはいかがでしょうか。

 


カタツムリ、蝸牛、デンデンムシ、時々、エスカルゴ。

いよいよ6月に入りました

 

雨が降ると、「梅雨入りではないか?」、雨が降らなければ、「今年の梅雨入りはまだか?」といった声が聞こえる頃です

 

梅雨は停滞前線(梅雨前線)が関連する自然現象で、人間にはどうしようもないことですね

 

自然の中で見られる梅雨の風物と言えば「アジサイ!」と答える方も多いと思いますが、

 

それ以外にも雨がよく似合うのがカタツムリです

 かたつむり

日本では、蝸牛、デンデンムシとも呼ばれている小さな巻貝です。

 

陸生の貝なので、肺呼吸をします

カタツムリの殻の渦には、右巻きと左巻きの両方が存在しますが、オスとメスで巻き方が異なるのではありません。カタツムリは雌雄同体といって、1つの体にオスとメスの両方の機能を有しているのです

 

渦巻の出来る方向に関しては未だ解明されてはいませんが、遺伝子が関係しているらしいとの情報です。

殻は身体の一部分なので、殻だけを取り除くことはできません。

その証拠として、殻にヒビなどが入った場合、自己修復機能により、自然に傷が治っていきます。これがヤドカリとは異なる部分です。

 

カタツムリと言えば、フランス料理のエスカルゴを連想する食通の人へ

 

『エスカルゴ』 と、日本でよく見られる『カタツムリ』 の違いは何でしょうか?

 

それはずばり、種類の違いです

食用には大きめのリンゴマイマイ(エスカルゴ・ド・ブルゴーニュ)が多く使われており、食用にするために養殖されています。

日本で見られるのは、マイマイ目 陸生有肺類の巻貝の一種ですが、生息地域により、固有の種として発達しています。中でもセトウチマイマイ、アワジマイマイと言った種類は、九州、四国や瀬戸内海地域などで広く見られ、樹上で生活しており、一般的には人間の食用には不向きの様です。

 

これから本格的に梅雨に入ります

じとじと湿気が多いのは好きではありませんが、雨の日には雨の日の趣がありますよね

 

カタツムリを発見してエスカルゴに思いを馳せるのも、

お気に入りの傘を出して、にまにまするのもこの時期だからこそ。

雨の日や、その合間に見られる自然現象を楽しんでみると梅雨も少しは楽しくなるかもしれません

 


花より団子

あれほど焦がれた桜も気づけば葉桜

 

「花より団子」の季節が終わろうとしています・・・か?

 

いえいえ、まだまだです

 

5月の上旬、和菓子売り場には葉っぱで包まれた桜餅、柏餅、ちまき、笹団子、笹餅等

を見ることが出来ます

 

今日はそんな『お餅にまつわるエトセトラ』をご紹介いたします

 

【笹団子】ヨモギの団子を笹で包んだもので、越後地方、即ち新潟県の名産品です。 

 

【笹 餅】 甘い小豆と餅米粉を練り固めたものを笹の葉でくるんだもので、青森県の名産品です。

 

【桜 餅】 桜餅の葉は、サクラの葉ですが、中でも伊豆の「オオシマサクラ」の葉を塩漬けにしたもので餅を包んだものが全国的に使われているようです。餅の材料は、関東地方と関西地方では異なっており、それぞれに起源があるようです桜餅の葉は塩漬けにしてあるので、食べる事が出来ます

 

 【柏 餅】 漢字の「柏」はヒノキ科およびスギ科のさまざまな針葉樹を意味する言葉です。代表としては「コノテガシワ」のことを指します。

 

 

「コノテガシワ」は針葉植物ですので、葉で餅を包むことは出来ません

 

コノデカシワ

 

その代わりとして、葉が大きい「カシワ」や「サルトリイバラ」の葉が使われています。

 

 

 【カシワ】 柏餅としての定番の形状をした葉を有しています。ブナ目ブナ科の落葉中高木で、葉は大きく、縁に沿って丸く大きな鋸歯があるのが特徴。

 

カシワ

 

 

 【サルトリイバラ】 葉は円形または広楕円形で先端が尖り、基部は円くなっています。カシワの葉の代用として使われていますが、この葉でくるんだ餅が柏餅の原型とも言われています。サルトリイバラの葉には薬用効果はありませんが、根茎にはサポニンが含まれており、利尿作用があるので、薬用として用いられています。

 

サルトリイバラ

 

 

【ちまき】日本でのちまきは、うるち米の団子を葉っぱでくるんだシンプルなものです。葉は、チガヤ、笹、竹の皮が使われています。五月の端午の節句のお菓子として有名です。

 

 

桜餅、柏餅、ちまきは全国的に売られているようです。

桜餅は3月頃から、柏餅、ちまきは5月の子供の日が近づくと販売されるのが一般的ですが、最近は季節を問わずに店頭に並んでいる場合が多いようです。

 

一般論としてこれらの葉でくるんだ餅で、葉を食べて美味しく感じるのは桜餅だけのようです

 

では、すっかり思考がお餅でいっぱいになったところで、帰り道には「ぼたもち」を買って、今宵は熱いお茶で一杯・・・

 

 

 

 


3 / 1412345...10...最後 »
デスクトップ版スマートフォン版