神戸三宮にある文科省指定の中国大学日本校です。学校生活の様子やイベントレポート、留学している学生さんからの情報を発信していきます!

24節季

12月になり天津中医薬大学日本校のある神戸市の旧居留地地区では、恒例の光のイベント「神戸ルミナリエ2013」が開催されていますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

神戸ルミナリエは1995年1月17日に発生した「阪神淡路大震災」の犠牲者の鎮魂のために開催されたのが始まりです。
12月に全国各地で開催されるクリスマスを祝うための光のイルミネーションとは意味合いが異なっているのですが、クリスマスに近いこの時期ですので、毎年美しい光のイルミネーションを楽しみにしていますかわいい
  
ルミナリエ2.png   

ルミナリエ.png

このルミナリエが終わるとクリスマスではなく、24節季の1つ、冬至がやってきます。

2013年はクリスマスより少し早い12月22日が冬至です。
冬至といえば、柚子湯、かぼちゃ、昼が一番短い日などが思い浮かぶ人も多いと思いますいい気分(温泉)
今回は冬至についての話です。

これからの内容は地球の北半球における現象についてです。

冬至とは太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短くなる日です。
太陽の位置を基準とする定気法では、太陽黄経が270度のときを冬至といい、12月22日ごろになります。

冬至から次の年の冬至までを24等分にした経過日数で節季を定義する恒気法でも、基点となる冬至は定気法と同じ日です。
即ち、冬至は定気と恒気で一致する唯一の節気です。
天文学での冬至は太陽が通過するその瞬間としているのに対し、暦ではそれが起こる日を冬至日(とうじび)と呼んでいます。

1年で日の出が最も遅く、日の入りが最も早いのは冬至とは一致していません。
天津日本校のある神戸の場合、日の入りが最も早いのは12月2~8日ごろで16時48分。日の出の最も遅いのは年明けの1月3~12日頃で、7時07分になります。
冬至の日の昼の長さは9時間50分となります。

冬至を過ぎると昼が長くなるのですが、それは日の入りの時間が遅くなるだけで、しばらくは日の出が遅くなっているのです。
朝の通勤時に同じ場所から見る太陽の高さの違いで実感できると思います晴れ晴れ

(さらに…)


天津中医薬大学 日本校のある神戸では、今年は「木枯らし1号」が吹いた後、
例年ならば秋らしい季節感のあるこの時期ですが、今年は一気に冬がやってきました。
しかし果物売場の店頭には、例年通り初冬の果物、柿が並び始めましたるんるん

今回は柿についての話題です。

柿は昔からある日本固有の果物の1つです。植物分類では、カキノキ科カキノキ属カキノキです。
学名は Diospyros kaki 、和名:カキノキです。
食べる部分はカキノキの果実です。

柿には葉の部分や果実部分に有益な成分が含まれており、生薬としても用いられてきました。
生薬としての柿に関しては、別の機会に。

果実に関しては、ご存じのように、柿には甘ガキと渋ガキとがあります。

甘ガキには、富有、次郎、伊豆、西村早生、松本早生、早秋、太秋、愛秋豊、貴秋、御所、晩御所、花御所、天神御所、水島等品種が極めて多く数百品種に及びます。

渋がきは、甲州百目、富士、江戸柿、平核無、刀根柿(刃根早生柿)、西条柿、市田柿、四つ溝、会津身知らず、堂上蜂屋柿、愛宕等があります。

渋柿だけでなく、甘ガキも熟す前には渋みがあります。この渋みの原因は、タンニンです。

タンニンと言えば、お茶に含まれている苦み成分と気づくと思いますひらめき

緑茶の場合、緑茶タンニンと呼ばれており、柿に含まれているタンニンはカキタンニンと呼ばれています。

柿のタンニンには可溶性と不溶性があり、渋みがあるのは可溶性タンニンです。

これが口に入って溶けたときに渋みが感じられるのですふらふら

苦みを減らすには、このタンニンが溶けなければいい、すなわち可溶性タンニンが化学変化し、不溶性になることで、食べたときに、口の中で苦みを感じなくなり、柿の甘みが強く感じるようになります。
これが「渋抜き」と呼ばれているものですひらめき

渋抜きには、果実に炭酸ガスやアルコール処理をすることで、可溶性タンニンを不溶性タンニンに変える方法や、干し柿や吊るし柿にする方法があります。

柿の産地である奈良県五條市には 柿博物館(果樹振興センター)がありますので、
初冬のこの時期に一度訪れてはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)
その時には押し寿司を柿の葉で包んだ名産「柿の葉寿司」を食べるのもお忘れなく手(チョキ)

柿3.JPG

*最近は「タンニン」という名前よりも化学構造から、
総称としての「ポリフェノール」と呼ぶのが一般的になっています。
ポリフェノールの中にタンニンも含まれています。
(さらに…)


トライやる・ウィーク

11/11(月)~11/15(金)まで『トライやる・ウィーク』が実施されました。

今年は、神戸市立葺合中学校から1名と、神戸市立神戸生田中学校から2名の合計3名の中学生が来てくれました。

『トライやる・ウィーク』は、

地域の中で生徒たちが様々な活動や体験と通して、豊かな感性や創造性を高めるとともに、自分なりの生き方を見つけることを支援し、「生きる力」を育成することを目的としています、とあります。

短い期間でしたが、当学院の関連部署である、

天津中医薬大学日本校、神戸東洋医療学院鍼灸コース、付属治療院、附属薬店、

神戸東洋医療学院孔子課堂、神戸東洋日本語学院とを体験して頂きましたるんるん

_MG_2563.JPG

 天津中医薬大学日本校では、生薬の瓶の乾燥剤入れ替えしたり、スライムを作ってみたり、、、

DSCN4674.JPG
 日本語学院では、学院の学生と日本語で会話してみたり、、、、

_MG_2505.JPG
 附属薬店では、生薬を味見してみたり、、、

 
_MG_2523.JPG
 総合受付で、マットの掃除や資料請求のチラシをセットしてもらったり、、、

DSC01932.JPG

 孔子課堂で、北京孔子学院本部贈呈図書のポップを作ったり、、、

_MG_2551.JPG
  7F事務局では、早川先生オススメの本ポップを作ってもらったり、、、
 (完成品は図書室で貼ってますのでぜひご覧くださいexclamation×2

_MG_2586.JPG

 鍼灸コースでは、実際に鍼を触ってみたり(様子を見に来られた先生まで興味津々exclamation×2)、、、

どれもこれもなかなか経験できないことを体験して、仕事の大変さや楽しさを得てもらえたかと思います。

これから先の将来の糧にしてもらえれば幸いですぴかぴか(新しい)

5日間、本当にお疲れさまでしたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
(さらに…)


デスクトップ版スマートフォン版