神戸三宮にある文科省指定の中国大学日本校です。学校生活の様子やイベントレポート、留学している学生さんからの情報を発信していきます!

春はもうすぐそこ・・・。今日は体を守ってくれる食材をご紹介♪

寒い日の中にも、すこしずつ暖かい日に出会うようになりましたわーい(嬉しい顔)

カレンダーに目をやれば、

暦は間違いなく3月ですかわいい

3月は天気が段々と暖かくなり、体温の調整が難しくなりますふらふら

また伝染病も流行しやすい時期。

今日は、どんな病気にも負けない強い体を作る、ローカルの野菜市場でも入手できる食材をご紹介させていただきまするんるん

u=4063853810,2677233291&fm=23&gp=0.jpg

玉ねぎ
u=2043900097,3217440194&fm=21&gp=0.jpg
【中国漢方記載】発散風寒、温中通陽、利尿、健胃潤腸、解毒殺虫
玉ねぎを切る時、涙がでますよね。それは発散作用が強い証拠ひらめき発散作用により、体内に入ろうとする細菌と戦います。玉ねぎを部屋に置いておくだけでも風邪の予防に。その他、胃腸の張力を高め、消化液の分泌を促進させます。それだけでなく抗癌抗老作用、肝臓や脂肪の代謝を高めます。「病気の三高」と言われる高血圧、高血糖、高血脂にも有効です。

しいたけ
u=3903339342,960789727&fm=21&gp=0.jpg
【中国漢方記載】扶正補虚、益気健脾、祛風透疹、化痰理気、解毒、抗癌
新陳代謝を高めることにより、免疫力を高めます。食欲不振や消化不良、便秘、ダイエットにも有効ぴかぴか(新しい)めまい、貧血、老年性免疫力低下、癌、各種粘膜及び皮膚の炎症、毛細血管の損傷、歯茎の出血などいろんなところで活躍します。

春はもうすぐそこまで来ていますわーい(嬉しい顔)

歓送迎会が続く日ビールに備えて、しっかり体を作っておきましょうexclamation×2

(さらに…)


はて…、果てとは?

寒い寒い雪と言っていた冬も気づけば2月下旬に差し掛かろうとしています晴れ
芸能人が旅をする番組を見ては、暖かくなったら「あそこに旅に行ってみたいな~るんるん」など想いを巡らせるのも楽しいものですわーい(嬉しい顔)
そのテレビの番組で「世界の果てまで・・・」というタイトルのものがありますひらめき

「果て」・・・はて?それは、平面上での考え方だと思います。

丸い球形の地球の果てとはどこか?
もし、地球上をまっすぐに歩いて行くことができれば、地球を一周して元の出発点に戻ってきます。
テレビ番組名なので、これに関してはこれ以上触れないことにします手(パー)晴れ

はて・・・いや、さて視点をもう少しだけ大きくして、果てについて考えたいと思います。平面でなく、3次元空間で考えて見ましょう。
冬の夜空は他の季節に比べて澄み渡っているときが多く、そこには数多くの星が見られますが、これらは比較的地球(太陽系)に近い物が大半です。

nightsky14星星.jpg

近いと言っても簡単に行ける距離ではありません。光は1秒間に約30万キロメートル進みます。その光が1年間に進む距離(1光年と言います)で表しても、約4年から数十億年かかる距離にある星の光を見ているのです。1光年とは3942億キロメートルです。ちなみに地球から月までは平均で約38万キロメートルしかありません。(光では1秒強です雷

では宇宙の果てはどこにあるのか?現時点で見つかっている一番遠い星(星団)は、約133億光年の距離と言われています。その先の地球から、約139億光年先が現在のところ宇宙の果てと言われていますが、133億光年と約139億光年の間の空間に何が有るのかはまだ不明です。
その理由は、一般によく知られている宇宙の始まりであるビッグバンが約139億年前に起きたとの説から来ています。

ということで宇宙の果ての世界は、地球から約133億光年離れた場所にあることになりますが、この星が現在も存在しているのかどうかについては不明です。今見ることができる光は133億年前の光がようやく地球に届いたからですひらめき

133億年前は地球(太陽系)も存在していない時代です。

地球画像by JAXA.jpg

現在の宇宙はビッグバンから始まったと言われています。
ビッグバン直後に宇宙は急速に膨張し、現在の姿になったと言われています。
宇宙は現在も膨張を続けているので、現時点の距離というよりは133億年前の距離ということになります。
膨張速度を考慮し、21世紀現在の距離に換算すれば宇宙の果てはもっと遠くにあるということになります。

如何でしょうか。

宇宙の果てに想いを巡らすと、自分の抱えている悩みは、
とてもとても小さく思えてくることがあります夜

暖かいお茶を飲みながら、宇宙の果てに想いを巡らせるのは新しいリラックス方法かも知れません喫茶店揺れるハート

(さらに…)


もうすぐ春節!!

u=174709512,3534724495&fm=21&gp=0.jpg

寒い日が続く2月です雪
そんな中、いよいよ中国の最大のイベントである春節がやってきますぴかぴか(新しい)exclamation×2

中国では“初一饺子初二面”と言うことわざがあり、旧正月一日は餃子を食べる風習があります目

この風習は1800年前に、中医の医聖と呼ばれる張仲景が、凍傷で困る患者のために『正月くらいは薬ではなく、治療効果があるおいしいものを食べさせてあげたい』と水餃子を庶民に配ったのが始まりです。
水餃子は、冷え性下痢などに効き、体を温めてくれる作用がありますグッド(上向き矢印)
今回はローカルの野菜市場でも入手できる1800年前の水餃子の中身をご紹介しますわーい(嬉しい顔)

羊肉 
《中国漢方記載》温中健脾、益気補血、補腎壮陽
羊の肉はからだを温める作用の強い食材で、寒い冬には欠かせません。
昔はガスやレンジ等はなく、冬には冷たいまま食事をしてた為、冷えが原因で腹痛などをおこす人が多くいました。そんな時、羊肉は特攻薬として使われていましたひらめき
羊肉はからだが冷えて食欲がない、下痢をする、疲れやすいなどの症状に効きます。そして精力不足や腰痛にも効果があります。

ピーマン
《中国漢方記載》温中散寒、下気消食
羊肉と同じく温める作用の強い食材で、特に胃腸を中心に温めます晴れ
寒さによる胃の張りや痛み、嘔吐、下痢などに効きます。塗り薬としても使われ、関節痛や腰痛にも効きます。ピーマンには辛いものと辛くないものがあり、辛ければ辛いほど効果があります。お好みの辛さのピーマンを選んでください。

その他、水餃子の中身はトウガラシや麻黄、杏仁、甘草などが入っていますexclamation

体が暖まるものを食べて、この寒さを乗り越えていきましょうグッド(上向き矢印)
(さらに…)


デスクトップ版スマートフォン版