神戸三宮にある文科省指定の中国大学日本校です。学校生活の様子やイベントレポート、留学している学生さんからの情報を発信していきます!

セミとカメムシ

9月に入り、少しは暑さがましになってきたようです。

 

セミの鳴き声がうるさかった7,8月に比べ、9月になるとセミの種類も変わり、どことなく静かな鳴き声になっています。

学校の近くの公園では、朝の時間には未だセミが鳴いています。

セミの一生について、幼虫が土の中で7~10年、地上に出て普段のセミの姿になって1週間と子供の頃に聞かされていましたが、実際は幼虫で4~5年、地上に出てから(成虫)は約1ヶ月近く生活しているようです。

_MG_0462セミ抜け殻トリミング

 

しかし、実態については未だ詳しくは解明されていないようです

 

 

秋にはセミの遠い親戚になるカメムシも多く見られるようになります。

カメムシは初夏に産卵し、その幼虫が秋に羽化するため、よく目立つようになります。

 

_MG_0467カメ羽

 

セミとカメムシは生物学上では、どちらも同じ仲間(カメムシ目1)に分類されています。

セミは昆虫採集の対象になりますが、カメムシは別名「クサムシ」とも呼ばれ、どちらかと言えば嫌われ、不快害虫の一種になっています

その理由は体から独特の臭気を発散させるからです

この臭気成分は 化学物質名では トランス1-2―ヘキセナール やその異性体2である シス1-3-ヘキセナールというアルデヒドの一種です。

また野菜にもこれと同じ様な臭いのするものがあり、パクチーやコリアンダーの臭い成分がこれです(青葉の臭いです)

またこの物質は香水の原料としても用いられていますので、このときは臭いではなく、匂いと表現するのが適当でしょうか。

 

この秋、皆さんの近くで感じられる香りの主は、アオクサカメムシ、クサギカメムシのどちらでしょうか?それとも昆虫ではなく、花でしょうか

 

 

注釈:

*1)目とは:生物学上の分類法による呼称のこと

  カメムシは、動物界―節足動物門―昆虫鋼―カメムシ目―カメムシ科、

  セミの場合、動物界―節足動物門―昆虫鋼―カメムシ目―セミ科 となる 

*2)異性体とは化学用語の一つで、同じ種類と同じ数の元素で構成されている分子であっても、構造、形が異なるものをいいます。

  アルデヒド類の代表として、ホルムアルデヒド(ホルマリン)があります。

 

 


朝顔にだまされて・・・

8月に入りました

 

学生の皆さんは、暑い夏休み期間を過ごしていることと思います

 

さて、「夏休みの思い出」と言えばいろいろあるかと思いますが、

 

「宿題」も思い出のひとつではないでしょうか

 

日記や絵日記、自由研究、図画に工作など、楽しい思い出や苦しい思い出があることでしょう

 

絵日記や図画工作で描く夏らしい絵の代表格と言えば、朝顔の花、ひまわりの花、入道雲(積乱雲)などではないでしょうか。

 

そこで今日は、その中のひとつ、「朝顔」についてお話したいと思います。

 

IMG_8488

 

≪朝顔の花の色≫

主成分はアントシアニンで、アジサイの色と同じ物質です。

 

朝顔の花の形や色については、中学校や高等学校で学んだメンデルの遺伝の法則の例としても使われています。

 IMG_8495

≪朝顔の種≫

薬用としては 「ケンゴシ」の名前で知られています。これは厚生労働省の日本薬局方にも記載されている生薬の一つです。

 

古代中国では高価な薬で、牛と取引されたということで、牽牛という名前が残っています

 

種の部分には、生薬として有効な部分もあれば、人の健康に害を及ぼす部分もあるので、

安易に煎じたりして飲用するべきではありません

 

成分としてファルビチン(下剤作用)やコンボルブリン、ジベレリンが含まれています。

 

美しいものには毒があるのは、世の常でしょうか。

 

朝顔然り、

 

素人判断は禁物です。

 


横浜薬科大学との教育交流

7月4日、中村先生が教育提携校である横浜薬科大学を訪問されました。

 

天津中医薬大学日本校から横浜薬科大学に編入学され、現在漢方薬学科6年生の坂野修平さんを交え、学校生活や漢方研究についての様子などを伺いました。

 

中村先生(横浜薬科大学)

 【写真】左より、横浜薬科大学甲斐教授、横浜薬科大学石毛学部長、中村先生、坂野修平さん

 

併せまして、中国本校の学生の要望などもお話し、今後の益々の教育交流・協力について双方の考えを深めて参りました。

 

※横浜薬科大学HPより一部引用


デスクトップ版スマートフォン版