鍼灸・薬剤師専科 最短7年間で2つの国家ライセンスを取得しよう!

鍼灸・薬剤師専科は、「はり師・きゅう師」と「薬剤師」の国家資格を最短7年間で取得するコースです。
6年制薬学部への編入制度を利用して、薬剤師国家資格取得を目指します。 漢方薬だけにとどまらず、西洋薬も含めた「くすり」の専門性を高めたい人へオススメ。
鍼灸師資格も取得するので、患者さんへの診察・治療も行える、理想的な東洋医学のトータルケアが提供できるようになります。

鍼灸・薬剤師専科 3つの特徴

特徴1 豊富な実技時間!卒業後、現場の即戦力になれる。

鍼灸・薬剤師専科授業風景

鍼灸の実技授業ではクラスメイトとペアになって練習を行い、1・2年次中に基礎的な鍼灸技術と3つの応用施術法を確実に身に付けます。3年次には選択した応用施術法を使って一般の患者さんを施術する臨床実習も行います。

特徴2 中医薬大学ならではの専門カリキュラム。

鍼灸・薬剤師専科授業風景

漢方薬の特徴は、数種類以上の薬物を配合して煎じ、その複合的な効果を引き出す点にあります。陰陽五行説を基にした中医学の基礎理論を理解し、漢方薬を処方する場合に必要な診断方法(四診・脈診法)および弁証についても学習します。

特徴3 横浜薬科大学へ編入。薬剤師資格を目指す。

鍼灸・薬剤師専科授業風景

漢方薬は疾病の予防と健康促進、術後の治療、痛み緩和、西洋薬の副作用緩和などに対して高い治療効果をあげています。西洋薬と漢方薬の知識を兼ね備え、漢方薬や民間医薬にも精通した人材を育成し、薬剤師国家資格取得を目指します。


資料請求 学校案内・募集要項・願書 見学予約 お問合せ