2015年末から今年にかけて、科学の世界ではうれしいニュースが連続しています。

昨年末には、113番目の元素の命名権が日本に与えられたということ。

 

kagaku_jikken_man

 

2月にはアメリカからの発表で、アインシュタインの理論による重力波の検出に成功したというニュースです。 

重力波については別の機会に。

 

元素と言えば、学生時代に周期律表を見、その元素名と元素記号を覚えるという楽しい?思い出を持っている方もいらっしゃると思います。

 

水素(H)から始まって、ヘリウム(He)、リチウム(Li)・・・・カリウム(K)ぐらいまでを語呂合わせ(水兵リーベ・・・)などの方法で覚えた人、順番は覚えなくても、元素記号と名前は覚えたという人もいると思います。

元素記号はもう忘れたという人も語呂合わせを思い出しましたか?

 

kenkyu_woman

 

元素記号を見ながら、それらがどのようなもので、どのように使われているのか?など想像した人もいると思います。

皆さんが周期表に接した年代にもよりますが、おそらく元素の種類が100個前後でなかったかと思います。 

 

今回命名することになった113番目の元素は、ほとんどの人は目にすることがないと思います。

というのも100番元素以降は、超重元素といい、人工的に作られた元素で、その寿命も極端に短いものなのです。

 

現在118番目まで確認されており、今回は113,115,117,118番元素が命名の対象になっています。

113番元素以外はアメリカとロシアに命名権があります。

命名権も2番ではなく、1番に権利があるのです。

 

scince_jikken

 

世の中にない新しいものを最初に作り、それを確認し、命名できるということは、科学者の喜びです。

多くの失敗の上に積み重ねられた結果、獲得した成果といえます。

次は119番元素の発見と命名権を日本が獲得してもらいたいです。